My プログラム

会員専用



ST制作委員会


ウォーキングについて

肥満の判定法。

肥満を判定する方法には、身長に対する体重の割合から判定する『BMI法』、体脂肪率から判定する『体脂肪率法』、体脂肪の分布から判定する『ウエスト/ヒップ法』などがあります。正しく判定して健康維持に役立てたいものです。

  • BMI(Body Mass Index)法(体格指数)
    身長に対する体重の割合から判定する方法。
    BMI =体重(kg)÷身長(m)2
    BMIは22を適正、18.5〜25の範囲内を普通体重とし、25以上の場合は肥満と判定します。
    BMI法では、脂肪の量や率が考慮されないため、筋肉増量による体重増加でも肥満と判定されたり、筋肉が少なく脂肪の多いカラダでも普通と判断される場合があるので注意が必要です。
  • 体脂肪率法
    体脂肪の量が体重の何%に相当するかによって判定します。市販されている体脂肪計を使って、微弱な電気をカラダに流し抵抗値を測り体脂肪率を測定します。
      男性 女性
    やせ 15未満 20未満
    普通 15以上〜20未満 20以上〜25未満
    やや肥満 20以上〜25未満 25以上〜30未満
    肥満 25以上 30以上
  • ウエスト/ヒップ法
    体脂肪の分布から判定する方法の代表的なもの。脂肪がカラダのどこに蓄積しているかが重要との認識から、とくに生活習慣病など病気発症率の高い腹部型肥満に警告を鳴らす意味も含め用いられています。
    ウエスト/ヒップ比=ウエスト÷ヒップ
    女性は0.8以上、男性は1.8以上で腹部型肥満と判定されます。
思い込みを捨てて。初心者になろう!変われば変わる!あなたのカラダ。Myウォーキングのために頭のウォーキングアップ!
トレーニング原理・原則

カラダによい効果もたらす適応メカニズムを知ろう。

運動効果をもたらすもの

目的意識ややる気があなたのカラダを後押しする。

肥満の判定法

正しく判定方法を理解すれば、あなたの肥満度が見えてくる。

ウォーキングコースの選び方

気分よく長続きする、安全で飽きのこないコースのポイントとは…。

服装、道具、シューズ

快適に歩くために最低限の必須アイテムをチェックして出かけよう。

湯浅先生紹介

中京大学体育学部・中京大学大学院体育学研究科教授